« 水無月の風景 ~雨だれにせがまれてまた手酌酒~ | トップページ | 暑い日が続いています »

文月の風景~涼風の音色を肴に愛でる初夏~

もうすぐ 夏 というよりは

もう 夏って 感じ 朝起きて 窓を開けても

今までの 涼しいあの風は 感じられない

だけど 今日は それでも 気分は最高

久しぶりにのデート

数ヶ月迷って ついに私から 勇気を出して 誘った

場所は 和ごころ 一代目あべ

入り口を入ると 元気のいい掛け声で お店の方が迎えてくれた

靴を脱いで上がると

外の柾谷小路の雑踏とは かけ離れた 異空間

なんて 表現したらいいのか 分からない

そして 目の前に 突然 壁一面の 鯉の絵が 迎えてくれる

ほんの 十数席の 異空間に 私たちも 腰をおろした

知り合いから聞いていたので なんとなくは

このお店のシステムは知ってはいたけど

改めて 酒匠さんから 説明を受けた

料理は コース料理

お造りと 食事の付く 4000円のコースと

それの付かない 3000円のコース

そして 順番に出てくる お料理に合わせたお酒が 少しずつ楽しめる

お酒のコースが 500円で付けられる

 

周りを見ると みんな楽しそうに話をしている

私たちも 遅れまいと 食事つきのコースに お酒のコースを頼んだ

メインの料理と 食事を選んだ

「これで迷うのは終わりですよ ごゆっくりお楽しみください」

微笑をうかべて 酒匠さんが 言ってくれた

 

そうか これで 終わりまで

次は何にしようかなんて 悩まなくても いいんだ

そう考えると ふっと体の力が ぬけて

よりこの空間に引き込まれていく

 

今月の 乾杯酒は 山口県の のの

シソの風味で ピンク色をした微発泡のお酒

 

奥のテーブル席では 熟年のグループが 話に花を咲かせている

みんな 楽しんでるんだなぁ

と 思いつつ あたりをキョロキョロ どうやら

ニコニコ笑って 一番楽しそうなのは お店の方みたい・・・

 

最初の料理 八寸が 運ばれてきた

さらし鯨  冬瓜  南蛮味噌  だし  豆あじ  どじょう  半熟玉子 みょうが

そして 驚きの ほおずき

一つ一つ 手を加えて 料理してあるのに 感動して いちいち食べるごとに

叫んでしまった

彼がぽつりと「遊園地にでも来てるみたいだなぁ」だって

お酒は 想天坊ゆらぎ これがまた 八寸の一つ一つで 微妙に反応してくる

次の料理は なすの冷製スープ

お酒は 亀の王 酒匠さんのコメントではこのお酒を飲むことで

料理が完成すると書いてある 

ほんとかなぁ~と思いつつ 半信半疑で 一口スープを飲んで

今度はお酒を飲んで・・・

ん~ もしかして 私にも 酒匠さんの言っていることが伝わってるかも・・・

そう思うと ますます 楽しくなってくる

もちろん 時々あう 彼との ア・イ・コ・ン・タ・ク・ト の 楽しさを倍増させてくれる

次は 岩がき

見てたら 彼は 一口で ペロリと食べた

私は ここぞとばかりに おしとやかに 二口で

彼ったら これは 一口で行かなくちゃだって

そんな 私は まだまだ 彼には見せられない・・・

お酒は 越乃寒梅

もう 憎いくらい 楽しくなる お酒と料理

次の料理は きすの涼風ソース

お酒は 塩沢の 雪譜

これまた 酒匠さんの コメントを読みながら 食べてみる

確かに・・・ 確かに・・・ 悔しいけど 確かに・・・

メインの料理は 一つずつ 頼んだので

目の前には 綺麗な色のマンゴーソースがかかった豚肉のソテー

そして うなぎの白焼きに ポン酢

二つに合わせて それぞれ 越乃景虎 と 越の井月

料理を食べて 楽しいって 思うのって 久しぶりな気がする

このあと 食事は うにのおじや と 中華風ソーメン

これが また 美味しかった

次に 来たときも きっと どっちにしようか 迷うと思う

最後は

くずきり と メロン

心も お腹も ちょうどいい 満腹感

また さそっていいって 彼に言ったら

次は 俺が誘うからって 言ってくれたけど

酔ってるし 覚えてくれているといいんだけど

 

来月も 彼と また来ます って

お店の方に 宣言したんだからねっ!

 

最後にもらった お土産

二人で 手にぶらぶらさせて 夜の柾谷小路を 歩いた

 

来月のメニューは なんだろうねって 話しながら・・・

|

« 水無月の風景 ~雨だれにせがまれてまた手酌酒~ | トップページ | 暑い日が続いています »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
先日は美味しい食事とお酒をありがとうございました。
カウンターでへんてこコメントをしていた
蘊蓄女です(笑)

また文月メニュー最高でした!また是非伺いますので宜しくお願いします。

投稿: minoise | 2008年7月15日 (火) 00時59分

蘊蓄女 さま
コメント ありがとうございます 
私も 楽しい 時間を過ごすことができました
酒好きのお客様は 大好きです
これからも どうぞ
ごひいきに

投稿: 酒匠 | 2008年7月17日 (木) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/462144/22221202

この記事へのトラックバック一覧です: 文月の風景~涼風の音色を肴に愛でる初夏~:

« 水無月の風景 ~雨だれにせがまれてまた手酌酒~ | トップページ | 暑い日が続いています »